転職を成功させるコツ

薬剤師の方が転職を希望される場合、当然自分の持つ国家資格である薬剤師という貴重な資格を生かした転職をしたいとお考えでしょう。
ご存知のように薬剤師求人については、製薬会社からの治験担当の求人や新薬開発の求人もあります。
ですがそういった求人は少ないですし、製薬会社の本社や研究拠点のある都市部に限られるでしょう。
一般に薬剤師求人は病院内の薬局か、院外処方を主に扱う調剤薬局、ドラッグストアーの3パターンに分類されます。
徳島で募集のある薬剤師求人も、ほとんどの案件は上記3パターンのいずれかです。
ですから、薬剤師の方が自分の資格を生かす転職を希望される場合は次の職場は病院内の薬局で勤務したいのか、調剤薬局で勤務したいのか、それともドラッグストアーで働きたいのか、自分の希望をまず明確にしましょう。
新薬は頻繁に開発されていますし、ジェネリック医薬品は新製品が次々と市販されます。
新たに発売される新薬について全てを理解するのは事実上不可能でしょう。
病院内の薬局勤務と調剤薬局勤務では、新薬への対応が異なります。
病院内の薬局での仕事は処方する薬が医師によりある程度パターン化されるため、新薬への対応もそれほど頻繁ではありません。
調剤薬局での仕事は様々な医療機関の処方箋を扱いますから、既存薬や新薬、ジェネリック医薬品についての知識が豊富である事が求められるでしょう。
自分の得意な分野を理解して、それに応じた職場を探すのは、転職を成功させるコツとなります。