兵庫県の薬剤師求人は、たくさんあります

私の息子は、薬剤師をやっています。
大学の薬学部を卒業後、国家試験にとおり、薬剤師になったのです。
就職は、3回生の時に、内定をもらっていた、大手の調剤薬局に勤めたのです。
この調剤薬局は、日本全国に支店がある大手でした。
私は、その会社に就職するときに、転勤が多いと思うので、多分、耐え切れなくなって、辞めるだろうなと思っていたのです。
そしたら、案の定、2年ほどしたら、転勤が多いので、辞めると言い出したのです。
息子は、辞めて、転勤の少ないところに、勤めると言うのです。
最初、転勤のないようなところは、会社が小さいから、潰れるかも知れないので、そのまま、我慢するように説得したのですが、余程、嫌だったのか、言うことを聞かないのです。
結局、息子は、私の反対を押し切って、辞めてしまったのです。
それから、就職を探す事態になりました。
息子が言ったのは、ハローワークでした。
そこなら、地方の会社もたくさん求人があると言うのです。
地方の会社なら、支店がないから、転勤がないと言うのです。
確かに、息子の言うとおり、地方の会社なら、転勤は、少ないに違いはないのです。
私が意見をしても、聞かないので、息子任せにすることにしました。
息子がハローワークに行って驚いたのは、その求人の多さらしいのです。
現在、薬剤師は、物すごく不足しています。
その為、薬剤師求人は、山ほどあるのです。
結局、彼は、転勤のないところと言うことで、病院づとめを選びました。
どこかの会社に入ろうかと思ったようなのですが、友達が病院づとめをしており、その気楽さが気に入ったようなのです。
病院づとめは、すごく気楽らしいのです。
実際、現在、息子は、病院に勤めて、3年になりますが、毎日、楽しそうに病院に行っています。
仕事と言うのは、将来のことを考えることも大事ですが、毎日を楽しく過ごせるかと言うことを考えるのも重要かなと思うようになりました。
息子は、毎日、楽しそうに仕事をしています。
これは、すごく幸せなことではないのかなと思うこのごろです。