高知の薬剤師求人の特徴を知りたい

高知県は人口10万人あたりの薬剤師の数が、四国圏内では徳島についで2番目に多いですが、1人あたりの国民医療費が全国の中でも最も高い県であり、病院や薬局へのニーズが高いエリアでもあります。
高齢化をはじめとした要因が医療費を押し上げているわけですが、病院、調剤薬局、ドラッグストアでの薬剤師求人は少なくありません。
また、高齢化が進んでいることから在宅介護の利用者が増え、調剤薬局では訪問服薬指導や在宅医療チームに参加するなどの、新たな事業の動きも出て来ており、経験豊かな薬剤師へのニーズが高まっています。
これに対して、薬剤師資格を持つ方が就職を希望するエリアは、県庁所在地で商業圏であり、交通アクセスの便がいい高知市に集中しています。
そのため、高知市以外の香南市、南国市、四万十市、宿毛市などでは薬剤師不足という偏りが生じており、高知市の給与に比べ、薬剤師不足のエリアで給与が高く設定されることも多くなっています。
一方、調剤薬局のほか、四国地区で複数店舗を展開する地域密着型のドラッグストアチェーンが、高知県全域に出店攻勢をかけています。
そのため、各市ごと、主要スポットごとに多数の求人が出ています。
四国内大手のため、福利厚生や教育システムが整っているのが魅力で、同じ高知県内であれば給与水準もほぼ同じになります。
やはり、高知市中心エリアから応募が埋まっていくので、少し田舎のエリアも含めて検討すると良さそうです。